あごのたるみ

たるみの種類

あごのたるみ

顔のたるみの中でも、あごのたるみは目につきやすく、顔の印象を大きく変えてしまいます。あごがたるむと、首とあごの境が無くなってきてしまい、顔が大きいという印象を与えやすくなります。このようなフェイスラインの歪みは、老けたという印象を与えやすく、表情にも影響を与えます。

あごなどのフェイスラインのたるみは、顔のコラーゲンが減少して、顔を支える事が出来なくなってきた事が大きく関係しています。また、老化によって筋肉自体も衰えてきているので、重力にひっぱられてしまいあごなどのフェイスラインはたるんできます。

あごのたるみは、口の周辺の筋肉や脂肪が重力や老化で下に引っ張られている状態なので、口の口角が下がってしまい、表情の印象が悪くなりやすくあります。口角が下がってへの字口になってしまうと、不機嫌な印象や老けている印象を与えます。

あごのたるみを解消するには、おとえたあごの筋肉を鍛えて、筋肉をもう一度引っ張り上げる他、顔のむくみなども原因になっている可能性があるので、むくみを解消するための顔のリンパマッサージが効果的とされています。また、あごのハリを保っているのは、コラーゲンやエラスチンなどの肌に含まれている成分なので、老化がそれ以上進行しないように、紫外線対策もきちんと行いましょう。

あごのたるみを解消する簡単なエクササイズでは、上を見ながら舌を限界まで前に出し、あごの筋肉を鍛える方法があります。とても簡単な方法なので、空いている時間などえお上手く利用して行っていきましょう。

スポンサードリンク