歯の矯正と顔のたるみ

たるみの種類

歯の矯正と顔のたるみ

最近では、歯並びを矯正しているというような人は、多いのではないかと思います。しかし、この歯並びの矯正というものは高額である上に、痛みもかなり伴ってきます。ですが、やはり歯並びが美しくなるためであれば多少の我慢も必要です。

歯列矯正中というのは歯並びが、日々少しずつ少しずつ変わっていきますので、時には噛み合わせがうまくいっていなかったりします。ですので、食べ物が上手に食べれなかったりということもあります。また、矯正中は毎日の歯磨きも普段より丁寧にやっていかないと、すぐに歯垢がたまってしまい、虫歯になりやすいということもあります。

この矯正には矯正の幅が小さくても、最低でも二年程度はかかってきます。この歯列矯正というのは矯正器具を歯につけて、最低でも二年程かけてじっくり治していくというものなので、物を噛むのが難しいことがあったり、それによってあごであったり、口などの力が弱まってしまったりします。

すると、これによって顔のラインであったり、頬骨のライン、そして口角の両サイドのラインなどにまで影響し、顔のラインが全体的に下がってきます。さらに、矯正中というのは、多くの場合で口元に力を入れることができなくなりますので、のどの皮膚のハリというものが弱くなってしまします。

ですので、これによって下あごが前に出てきたりしてしまうようです。口元を矯正前より動かさなくなるのですから、やはり当然この様なことが起こってしまいます。ですから、たるみであったり、ゆがみなどがないように、顔のたるみケアが矯正中には特に必要となってきます。

スポンサードリンク