二重あごと顔のたるみ

たるみになる前に

二重あごと顔のたるみ

鏡で自分の顔をふと見た時に、なぜだか顔の輪郭が少しぼやけて見えてしまうことはありませんか。よくよく見てみると自分のアゴのラインが、微妙に二重になってしまっていたり。そんな自分の顔を鏡で見てしまって、ショック受けてしまったという経験はみなさんにはありませんか。

よくよく見てみると、アゴの下にお肉が付いていてたぷたぷという状態になっていて、体重が特に増えたというような訳でもないのに、あごにお肉がたくさん付いているということがありませんか。その理由というのはなんと、肌のたるみなのです。二重アゴになってしまう原因としては、様々あります。

まず、実際に太ったという場合です。当然ながら太るということで、頬であったりアゴなどの部分にお肉が付いてしまい、二重アゴにどうしてもなってしまうと言うような人がたくさんいます。

しかし、若い人の場合であれば、肌そのものに弾力やハリがあるので、太ってしまって、二重アゴ気味になってしまったとしても、少しぽっちゃりに見えるくらいですので、逆に愛嬌があっていい感じに見えるということもあります。

次に、肌のたるみが原因である場合です。体重は特に変わっていないはずなのに、段々と二重アゴになってきたなんていうような場合は、肌自身にハリがなくなって、たるんできてしまっているという証拠ではないかと思います。そうなってしまったら非常に危ないです。そのたるみは二重あごの部分だけでは留まらず、ほとんどの場合で身体全体にたるみがきてしまっている状態になっています。

スポンサードリンク