二重アゴで顔のたるみ判断

たるみになる前に

二重アゴで顔のたるみ判断

お肌にたるみを感じた場合は、そのたるみが感じられた部分だけではなくて、自分の身体全体がたるんでいる可能性が高いと言ってもいいのではないでしょうか。

なぜかというと例えば、目尻が少し下がってきてしまったような気がしていたり、頬や小鼻の横のあたりの毛穴が最近目立ってきたというようなときや、ほうれい線のシワに化粧をしたときにファンデーションがたまってしまったり、急に目の下にたるみを感じてしまったり、だんだんと口角の部分がしたに下がってきてしまったなど、というようにいろんな場合で、同時にたるみ現象が現れてくると思います。

ですので、二重アゴというものもその延長上にあることが多いと言ってもいいでしょう。鏡を見たときに、自分の顔の輪郭がなんだか少し、ぼやけているように感じたら少し注意をする必要があります。

身体がたるんだ場合は下着によって矯正したり、または補正するなどで解消したり、予防をすることができるのですが、当然ながら顔には下着を着けることはできません。ではなんで、肌というのはたるんできてしまうのでしょうか。まず一つの原因として上げられるものには、肌の奥にあるコラーゲンという物質が少しずつ破壊されてしまっていると言うことです。

破壊する原因は紫外線であったりストレス、または加齢などによります。これらによってコラーゲンはどんどんと失われていきます。コラーゲンというものは肌のハリであったり弾力などを保つというような働きがあります。このコラーゲンというものが失われてくると、お肌の弾力がなくなってしいまいます。

スポンサードリンク