たるみに気付いた時

たるみになる前に

たるみに気付いた時

みなさんは、一体どのような時に肌のたるみを感じますか。夜の電車に乗ったときに、窓ガラスに映っている自分の顔を見ていると、何故だかいつもよりとても老けてしまって見えるものです。

しかし、一体あれはどうしてなんでしょう。その窓ガラスに映っている、自分の顔というのが、実はたるみが出てしまっている顔なんです。しかし、多くの方が恐らく気のせいだろうとか、窓ガラスに映った姿だからだとか、影が映ってしまっているからだと思って、確認も対策もせずにそのままにしてしまっていませんか?

でも当然ですが、気のせいなんかではないのです。そのとき、一緒に窓ガラスに映っていた隣にいた高校生の顔も見ませんでしたか?恐らく、その顔はたるんでいなかったのです。つまりは、窓ガラスに映っている自分の顔というのは気のせいなんかではなく、肌のたるみが目立った、自分の真の顔なのです。そう、この影こそが肌のたるみの跡なのです。

でもこれをあまり悲観しないようにしましょう。だって、これは自分の姿を確認することができるという、いいチャンスではないでしょうか。

しかし、そのたるみに対してのケアも対策も何もしないでずっと放置してしまっていると、次第にそのたるみというのは進行していくのみです。そうなってしまって、その時になって泣きを見ても、すでに手遅れになっているかもしれません。ですので、たるみに気づいたその時に、すぐケアをしていけば徐々にではあるのですが、解消に向かっていきます。ぜひ、しっかりとしたケアをしていき電車の窓ガラスに自分の顔が映るたびに喜びを感じるようなりましょう。

スポンサードリンク