肌がたるむ原因

顔のたるみの基礎知識

肌がたるむ原因

たるんで欲しくはないのにどうしても、お肌というのはたるんできます。しかし、一体なぜなのでしょうか。年齢を重ねると共に日常の中の、何気ない普通の行動というのが、たるみの原因になってしまっているということをみなさんはご存知ですか。当然なのですが若い頃と比べても、重力というのは変わってはいないはずなのに、たるんでしまうなんて非常に恐ろしい事ですよね。

コラーゲンというものが本来は肌の弾力やハリといったものを維持しています。

ですから、このコラーゲンが頑張ってくれて、重力に負けないというほどにお肌を支えていてくれるのであれば、お肌はたるみというものとは無縁という状態になるのですが、加齢であったり紫外線などの影響や精神的なストレスがたまってしまうとコラーゲンはどんどんと破壊されていき、その後は作られにくくなっていきます。つまり、コラーゲンというものは少しずつ、減少していくものなのです。

また、この顔のたるみというものに関して大きく関係しているというように言われているのが顔の表情筋という筋肉です。表情筋というものは、怒った時であったり、笑う時や、泣くときなどの様々な表情を作る役割をもった、顔全体にある筋肉です。

この表情筋というものもコラーゲン繊維と同じように、年齢を重ねると共にだんだんと力が弱まってしまいます。しかも、若い方であっても普段から適度に運動をしなければ筋肉がだんだんと衰えてしまっていくように、表情筋も同じように適度に鍛えていかないと徐々に衰えていってしまうのです。

スポンサードリンク