食べ物でむくみを解消

自分でできるたるみ解消

食べ物でむくみを解消

顔のたるみが食べ物によって改善することができたら、これはとてもうれしく思いませんか。運動やマッサージというのは、なかなか毎日は出来なくても必ず食事は毎日するものなので、それによってたるみが解消できるというのなら非常に画期的なことです。

まず、たるみを解消してくれる代表的な成分として挙げられるのは大豆イソフラボンです。一日の中で理想とされるイソフラボンの摂取量というのは四十から五十mg程度と言われていますが、これは直接大豆によって摂取するよりも、納豆といったような大豆の加工食品によって摂取するという方が実は体内吸収率がいいと言われています。

納豆であれば一日一パックというのが理想の摂取量になります。またイソフラボンは単品で摂取するよりは、ビタミンEなどと一緒にとる方が効果は倍増すると言うことです。

ですのでマグロと納豆の和え物といったものは、ビタミンEも同時に多く含まれていることから理想的であるといえます。そして、さらにちょっとしたひと手間をかけるだけでいい料理というものであれば、豆腐ステーキなどといったものはいかがでしょう。豆腐というものは、油で炒めて食べると、実はとても美味しいのです。

他にビタミン別でどの様な食材があるのかをご紹介していきます。まず、ビタミンAですがほうれん草やピーマン、そしてレバーであったりにら、菜の花などです。そしてビタミンB1には豚肉や蕎麦、そして玄米。次にビタミンB2ですが卵と納豆、うなぎであったりチーズ、またししゃもなどです。最後にビタミンCはいちごやレモン、グレープルーツやキウイ、カリフラワーや大根、いかやたこ、そしてホタテやカニです。

スポンサードリンク