顔たるみをストレッチで改善

たるみとエクササイズ

顔たるみをストレッチで改善

顔のたるみを予防したり、解消したりするのに特に重要担ってくるのは、表情筋をしっかりと鍛えていくことであると思います。この表情筋を鍛えていくことによって、お肌の新陳代謝を高めることもでき、ハリやお肌のつやまでも取り戻すことができ、そしてたるみを解消していくことができます。

肌のストレッチというのは簡単ですので、いつでもどこでも、時間や場所などを問わずに行うことができますし、テレビをなんとなく見ながらでもできますので、毎日ずっと続けられます。次に、非常に簡単なストレッチの方法というのを記述していきますので、是非みなさまの参考にしてみてください。

頬の下の方にある筋肉が頬筋(きょうきん)です。これが衰えてしまうことによって、頬に余分な肉が付いてしまい、徐々にたるんできます。

まず、頬を思い切りすぼませた状態にします。そしてそのまま五秒間はキープしましょう。そして、次に今度は逆に頬を思い切り膨らませて、一番膨らんだところで五秒間はキープしましょう。そして、ゆっくりともとの顔にしていきましょう。そしてこれを十回ほど繰り返していきましょう。

普段から頻繁に口呼吸をしてしまっているという人は、口の周りにある口輪筋という筋肉がたるんでいるのかもしれません。まず、口を大きく縦に開きましょう。そして、唇を前に突き出し、そのままの状態で五秒間はキープしましょう。そして、今度は逆に唇を戻していき、そのまま口の中に入れていくような感じにして、五秒間はキープします。そして、ゆっくり元の顔にしていきましょう。これを十回ほどは繰り返していきましょう。

スポンサードリンク