ほうれい線をストレッチで対策

たるみとエクササイズ

ほうれい線をストレッチで対策

ほうれい線(法令線)というものは、小鼻の両サイドの脇から口元の外側に向かってある、八の字にできるシワのことです。年齢を重ねると共に、少しずつ頬がたるんできます。頬がたるんでしまうと脂肪が下がってきてしまいます。

そして、このたるみのせいでほうれい線がくっきりと出てしまい、目立ってきてしまうということなのです。俗に言われるようなブルドック状態であるということです。ほうれい線というのは、実はみんなにも産まれた時から存在しているのですが、これが年齢を重ねるとともに、皮膚のたるみのせいで、段々と目立って見えてしまうというような、非常に手ごわいシワなのです。

これが目立ってしまうと、見た目が老け顔になってしまうというもですので、非常に気にしているという方も多いのではないかと思います。たるみを予防する方法としてフェイスストレッチというものがあります。

まず、顔の筋肉というのは口輪筋といわれ、これを動かしていくことで顔全体にも大きな影響を与えます。

まず、口を大きく縦に開き、あという発声をします。そして、五秒間キープします。次に、同じように、いという発声をします。 そして、五秒間キープします。そして、口を大きく開いて、うという発声をします。そしてそのままの状態で五秒間キープします。そしてこの時、頬はすぼめましょう。次に、口を大きく開いて、えという発声をします。そしてそのままの状態で五秒間キープします。最後に口を大きく開き、おという発声をしましょう。そして、五秒間キープします。そして、これらをゆっくりと五回ほど毎日繰り返してください。

スポンサードリンク